生命や愛情を守るために

左手の薬指につける理由

LOVE

結婚指輪は、男女ともに左手の薬指につけることが一般的となっています。
これは、結婚指輪をつける風習が始まった古代ギリシャで、左手の薬指を金属の結婚指輪で守ることは、心臓を守ることにつながると考えられていたからです。
心臓が失われれば、当然生命も、そしてそれが生み出す愛情も、失われることになります。
そのため相手の生命と愛情とを守るために、結婚の儀式の際に、結婚指輪を左手の薬指につけるようになったのです。
それを左手の薬指から外すことは、相手を守ることの放棄を意味します。
そのことから多くの人が結婚指輪を、動作の妨げになる場合を除いて、常に左手の薬指につけています。
ただし中には、皮膚疾患などで左手の薬指にはつけることができないという人もいます。
そのような場合には、他の指につけたり、チェーンを通してペンダントとしてつけたりすることも可能となっています。
また、指のサイズが変わったことで、装着が難しくなったという人も多くいます。
この場合は、購入したショップでサイズ直しをしてもらうと、再びスムーズに装着できるようになります。
このように、結婚した男女の多くが、結婚指輪を肌身離さず装着できるよう工夫しているのです。
婚姻関係が持続している間は、基本的には結婚指輪を処分することはありません。
さらに昨今では、死後にも骨壺に遺骨と一緒に結婚指輪を入れることを希望する人が増えています。
生命を失ってもなお、何らかの形で愛情をこの世に残すためです。

記念にもなる

男女

結婚式をするにあたって、結婚指輪を購入しようと考えるカップルも多いですよね。
しかし結婚指輪を着ける意味を知っている人は多くないでしょう。
結婚指輪の由来は、古代ギリシャが始まりだといわれています。
そもそも何故左手の薬指に結婚指輪を着けるのかというと、古代ギリシャでは左手の薬指は心臓に繋がっていると考えられていました。
心臓は人間の感情を司る場所であると考えられていたため、その心をしっかりと掴むために指輪をはめるようになったといわれています。
こうして結婚するカップルは指輪の交換を行うというスタイルが定着しましたが、中には結婚指輪が不要であると考える人も少なくないようです。
その理由としては、結婚指輪は高価なケースが多くお金がもったいない、普段から身につける気が無く必要ないなどが挙げられます。
しかし、結婚指輪はファッションの一部として考えるのではなく、意味について知ることで必要性が見いだせるかもしれません。
結婚指輪の円の形は、途切れることのない永遠の愛を意味しています。
そうした夫婦の誓いを意味する点においても、結婚指輪は購入しておくと記念に残るアイテムといえるでしょう。
また、指輪を着けておくことで既婚者であることのアピールにもなります。
指輪を着けて既婚者であると周囲の人間にアピールすることで、お互いの浮気防止にも繋がります。
より二人の絆を深く結びつけるためにも、指輪の購入は良い選択といえるでしょう。

左手の薬指が一般的

手

結婚指輪は文字通り、結婚した男性と女性が身に着ける指輪の事を言います。
結婚時に指輪を交換するという文化は、古代ローマ時代にまでさかのぼると言われています。
当時のローマ教皇が約束事を誓う際に使用する鉄の輪が、結婚の誓いとして用いられたという説から、結婚時に指輪を交換するようになったと、考えられているようです。
国内では約50年ほど前から、結婚式に結婚指輪を交換するようになりました。
結婚指輪は結婚したカップルの、約97%以上が購入しています。
なぜ、このように多くのカップルが結婚指輪を購入しているのかというと、やはり必要性が高いからでしょう。
長く続く不況から婚約指輪を買い控えるカップルも少なくありません。
ですが、結婚指輪に至っては、このように多くのカップルが購入しています。
結婚指輪は永遠の愛を誓い合う象徴として、身に着ける指輪です。
丸く途切れる事の無い指輪は、永遠を意味しています。
結婚式で交換する事によって、永遠に続く愛を誓い合うのです。
必ずしも購入しなければいけないという、決まりがある訳ではないものの、一生に一度購入する事になる指輪ですので、婚約指輪は省いても結婚指輪は外せないと感じる方が多いのでしょう。
結婚指輪は基本、男性・女性共に左手の薬指にはめます。
左手の薬指には神聖な意味合いを持つと考えられている為、特別な結婚指輪も左手の薬指にはめるのが一般的です。
また、左手には愛の絆を深めるという意味がある事も、結婚指輪をはめる手として選ばれている理由の1つとなっています。